東京都豊島区の税理士事務所です。税務・経営・節税に関する事はお任せください。
2016年11月14日

確定申告すると税金が戻ってくる場合があります

確定申告すると税金が返ってくる場合があります

確定申告は、しなければならない場合、しなくていい場合、しなくてもいいがした方が良い場合があります。

 

確定申告のご依頼、ご相談はこちらからご気軽にお問い合わせください。

確定申告しなければならない場合

確定申告しなければならない場合はいろいろありますが、代表的なものは下記のとおりです。

・事業主としての収入がある

・マンションのオーナーなどで家賃収入がある

・年金の収入が400万を超えている

・副業の収入が20万円を超えている

・給料が2,000万円を超えている

・2か所以上から給料をもらっている

・不動産を譲渡した

確定申告しなくてもいい場合

・収入がひとつの会社からもらう給料のみである

・副業の所得が20万円以下

・公的年金が400万円以下

確定申告したほうが良い場合

以下のような方々は確定申告する義務はないのですが、すると還付受けられますので確定申告をしましょう。

その他にも還付を受けられるケースがありますので税理士や税務署に相談してみるといいかもしれません。

 

確定申告のご依頼、ご相談はこちらからご気軽にお問い合わせください。

 

・退職して年末調整を受けていない

年末調整を受けないで会社を退職した方は、税金が戻ってくる可能性があります。

会社にいた期間は、会社が毎月の給料から税金を天引きしています。この天引きされる金額は、あくまで見込み額です。年末調整を受ける場合は会社が正しい税額で精算するのですが、受けていない場合は見込みの税額を支払ったままになっていますので天引きされた税金の一部を還付してもらえるかもしれません。

 

・地震や台風で被害を受けた

天災で家財に損害を受けたり、空き巣に入られたりした場合は雑損控除の適用が受けられます。

被害が大きい場合は災害減免法による税額控除を受けられる場合もあります。

両方は受けられず選択になるので、どちらが有利かは税理士や税務署も無料相談などを利用してメリットのある方を判断してもらうといいでしょう。

 

・医療費控除が適用できる

1年間に支払った医療費が保険金を差し引いても10万円を超えた場合は医療費控除が受けられます。

10万円を超えていなくても所得の5%を超えていれば受けられます。

また、家族の分や病院へ行くための交通費も加算できます。

 

・寄付をした

対象となる団体に1年間で2,000円以上の寄付をした場合には寄付金控除の適用が受けられます。

政党などへの寄付は所得控除と税額控除のどちらかを選ぶことができますので、有利な方を選択してください。

 

・住宅を購入した

マイホームを購入する際、金融機関から借り入れした場合、住宅ローン控除の適用が受けられます。

会社員の方も1年目だけは確定申告しなければ住宅ローン控除の適用が受けられないため確定申告が必要です。

 

確定申告のご依頼、ご相談はこちらからご気軽にお問い合わせください。